セルライト吸引ローラーは効果なし?効果と副作用を解説!口コミと体験談も多数

更新日:2019年6月6日

痩身エステのメニューに必ずと言って良いほど含まれているのがセルライト吸引ローラーです。

セルライト吸引ローラーを単体で施術しているエステサロンもありますが、多くのサロンでは「ラジオ波+セルライト吸引ローラー」や「キャビテーション+セルライト吸引ローラー」などといった具合に、他の痩身メニューと組み合わせて提供しています。

なお、サロンによって「PRセル・セルバーン・セルライトバーン・セル吸引・セルローラー・エンダモロジー」などなど、様々な呼ばれ方をしていますが、こちらのページではセルライト吸引ローラーの表記で統一しています。

目次

  1. 金額や店舗などの基本情報
  2. 副作用とデメリット
    • 痛い!
    • 赤みやあざが残るリスク
  3. セルライト吸引ローラーがおすすめの人
  4. セルライト吸引ローラーの種類
  5. 口コミ・体験談
    • 20代男性
    • 20代女性
    • 30代男性
    • 30代女性
    • 40代男性
    • 40代女性
    • 50代以上男性
    • 50代以上女性
  6. セルライト吸引ローラーを体験できるエステサロン

原理と効果

セルライト吸引ローラーとは、掃除機のように脂肪を吸い上げながら、特殊なローラーでセルライトを潰していく施術です。数多くのエステサロンで導入されていて、痩身エステの定番メニューとなっています。

痩身エステではラジオ波やキャビテーションなども定番メニューと言えますが、セルライト吸引ローラーは物理的に脂肪をゴリゴリと揉みつぶしていくため、これらの施術と比べると即効性が高いです。

特に老廃物と絡み合ってガチガチになったセルライトに効果的であるとされていて、施術を受けた直後では施術部位が軟らかくなっていることを実感できます。

また、ハイフや脂肪冷却のような最新技術を用いているわけではなく、昔からあるセルライトケアの手法であることから、他のメニューよりも割安な価格設定となっていることが多く、比較的高いとされている大手エステサロンでも安価で体験することができます。

体験コースでは、セルライト吸引ローラーで脂肪とセルライトを揉みほぐしてから、ラジオ波やキャビテーションなどの施術に入るというパターンが多いです。

セルライト吸引ローラーで期待できる効果
部分やせ セルライトの除去
血行促進 代謝の向上
デトックス効果 リンパの流れの促進
マッサージ効果 肩こりの改善

副作用とデメリット

多くのエステサロンに導入されているセルライト吸引ローラーは、まさに痩身の定番中の定番メニューと言えますが、副作用やデメリットが全くない訳ではありません。

即効性が高く、ボディシェイプの変化が分かりやすいという非常に魅力的なセルライト吸引ローラーですが、マイナス点もしっかりと把握しておきましょう。

痛い!

セルライト吸引ローラーの最大のデメリットです。

もし周りにセルライト吸引ローラーの施術を受けたことのあるという方がいたら、ぜひ聞いてみてください。

他のどの痩身メニューと比べても、ずば抜けて痛みを感じてしまうのがセルライト吸引ローラーなのです。セルライトが硬くなっていればいるほど痛みを感じやすく、痛みに強い方でも「ウッ!」となってしまうほどです。

出力調整が可能なので、あまり痛すぎないようにエステティシャンの方が調整してくれますが、最初の頃は弱いレベルでも痛みを感じる方が多いです。特にお腹周りや太ももは覚悟を決めて行った方が良いです。

ただ、回数を重ねていくうちに痛みが気持ちよさに変わっていきます。

当サイト運営チームのメンバーも、最初は10段階の3レベルでも痛くて仕方がなかったのですが、今ではMAXの10レベルでもへっちゃらになりました。これは痛みに慣れた訳ではなく、セルライトが何度も揉みほぐされて軟らかくなったからです。

ちなみに、もともと脂肪の少ない背中や肩周りなどは、最初からどれだけ出力を上げても痛みを感じることはなく、肩こりが解消されるような気持ちいい感覚でした。

赤みやあざが残るリスク

痛みに比べればたいしたことのないデメリットなのですが、セルライト吸引ローラーは物理的に脂肪を吸引して揉みほぐしていくため、施術直後からしばらくは赤みやあざが残りやすいです。

ただ、こちらは一時的なものですので、数時間~2日ほどで元の綺麗な状態に戻ります。

セルライト吸引ローラーがおすすめの人

上記のセルライト吸引ローラーのメリットとデメリットを元に、痩身エステのセルライト吸引ローラーがおすすめの方を箇条書きでまとめてみました。

なお、以下のおすすめの条件に該当していても、体調や過去の病歴などによっては施術を受けられないことがあります。気になる方は施術前にエステサロンに問い合わせてみてください。

  • 脂肪が硬い方
  • セルライトが目立つ方
  • 多少の痛みには目をつむれる方
  • 翌日に施術部位の露出予定がない方

セルライト吸引ローラーの種類

基本的な原理や痩身に関する効果は先述の通りで、どこのエステサロンでも変わりはないのですが、サロンによって呼び方や機種が異なりますので、大手サロンを中心に簡単にまとめてみました。

サロン名 メニュー名
TBC
メンズTBC
セルバーン
ミス・パリ
ダンディハウス
セルライトバーン
シーズ・ラボ
メンズシーズ・ラボ
エンダモロジー・ルミセルタッチ
ラ・パルレ セルライトバスター
メンズラ・パルレ メタボバスター
スリムビューティハウス Geローラーカップ
メンズラクシア ローラー吸引

口コミ・体験談

20代男性

●●日頃の運動不足がたたり、お腹や太ももまわりに脂肪が付き始めているのを感じました。そんな時に友人におすすめされたのが痩身エステです。今回利用したのは脂肪冷却という施術方法です。余った脂肪を冷やして身体の外に出す施術ということを事前のカウンセリングで知らされました。冷却という言葉からかなり冷たかったり、痛みがあるものを想像していましたが、そのようなものはまったくありませんでした。しかし、即効性はありませんでした。施術から1週間経っても特に変化がないため確認を取ってみると、冷却したことで破壊された脂肪細胞は2か月程度身体に残り続けるとのことでした。確かに2~3か月経った頃には少し脂肪が減ったように感じましたが、もう少し施術で脂肪が減ったという実感を得られるように、即効性があればなお良かったと感じます。

20代女性

●●ジムに併設されているエステで、セルライト吸引ローラーを受けました。ジムに通っていた時に勧誘を受け、キャンペーン中だからと軽い気持ちで体験してみる事にしました。まず一度体を温めるのが良いと言われ、ジムのお風呂に入ってからの施術になりました。十分に湯に浸かってぽかぽかした所で店内に入り、その時のサイズを測ります。むくんでますね、と言われてやっと自分がむくんでいること、セルライトがついていることを自覚しました。ベッドにうつぶせになり、タオルをかけられ施術開始。内容としては、施術部位にローラーを当てられ、そのまま撫でる様に動かされるだけです。しかし、そのローラーの下で自分の肉が引っ張られ、中の老廃物がガリゴリと潰されていくのがハッキリとわかります。ローラーは痛いというのは聞いていましたが、切ったり擦りむいた様な鋭い痛みではなく、そのまんま大きな手で肉をつままれる様な痛みです。最初は痛みが強いらしく、少し強度を下げて貰いました。お尻、太股、ふくらはぎなど下半身をガリゴリされた後再度測定すると、全体的にサイズが下がっていました。運動と同じく継続が大事で、放っておくとまた元に戻ってしまうそうです。しばらくはジムで運動をして脂肪をこれ以上つかせない努力をし、また近々次の予約を取ろうと思います。

●●私が痩身エステに参加した理由は、下半身太りに悩んでいたからです。しかし、結局は食生活や運動を気を付ければ痩せる。お金を払ってまでエステに行く必要性はないと思っていました。しかし、触るだけで浮き上がるセルライト、太もものパンパン度にイライラして、ネットで探していたところ、セルライトつぶし通い放題2万円というのを見つけました。店舗が潰れるまで通い放題で週一ということで、最初にお金をたった2万円だけ払えばいいというのに大変魅力を感じて速攻カウンセリングを申し込みました。最初は、クリームを買った方がいいなど、勧誘がありましたが、働いている従業員のみなさんが平均年齢24歳くらいで若いのでしつこい勧誘でもなかったので、契約することに決めました。実際、セルライトを温めて潰していくのですが、効果が速攻でて、翌朝には大痣がたくさんできていて、本当に通ってよかったと思っています。諦めかけていたセルライトを週一でほぐしてくれる痩身エステは意味があるんだなと思いました。

●●私は、上半身に対して下半身が太いことに悩み、エステサロンに通っていたことがあります。スタッフの方によれば、下半身にセルライトが多いとのことで、ケアをしていただくことになりました。私が通っていたサロンでは、吸引ローラー式の機械を使用しており、まずはサウナなどで身体を温めてからセルライトを吸引していきます。とにかく痛く、酷いときは数日間アザが残ってしまうほどでしたが、その分非常に効果があり、施術後には目に見えて下半身が細くなりました。また、例えば手で行うマッサージだと、スタッフの方のスキルによって効果が大幅に違うと感じることもありましたが、機械を使った施術だと、どのスタッフの方に当たっても同じ効果が得られるという点にも魅力を感じました。しかし、私は「エステサロンに通っているのだから、自分では何もしなくてもサイズダウンするだろう。」と慢心し、自らの努力を怠ってしまいました。約半年間サロンに通い、卒業した後、数か月で下半身が元のサイズに戻ってしまったので、継続した効果を得るためには、しっかりマッサージをしたり幹部を温めるなど、自分自身の努力も必要なのだと痛感しました。

30代男性

●●募集中!

30代女性

●●自己流のダイエットではなかなか効果が出ず、一気にウエストを痩せさせたいと思って、セルライト吸引ローラーを使った瘦身エステに通ったことがあります。ぐいぐい力がかかるので、1回目に施術を受けたときにはいかにも効果が出そうだなと感じたのですが、実際は赤いあとがあっちこっちに残るばかりで、あまりウエストが細くなったという実感を得ることができませんでした。何回か受けているうちに、施術を受けた翌日に揉み返しのような症状が出て体調が悪くなってしまい、それがきっかけで通うのをあきらめました。合う人には合うのかもしれませんが、痛いのが苦手だったり、皮膚が薄かったりする人の場合には、あまり向いていないと思います。

●●家でもマッサージや器具などを使い、時間をかけてセルライトケアに取り組んだことがありましたが、血行もが悪く固めの肉質のため、全くはがたちませんでした。夏に水着をキレイにきるため、ちょっと高かったですがエンダモロジーを受けてみました。3回ほど通ってみた結果、結構頑固なセルライトが見るからに綺麗になり、特に気になっていたお尻の下から太ももにかけてデコボコがなくなりました。また、ヒップアップの効果もあったのか、おしりも小さくなり足も長くみえるきがします。血行も良くなったおかげで、健康的な肌の色になりヒップから足のラインが本当に綺麗になりました。自信を持って水着がきれました。本当は定期的に通いたいくらいですが、やはりお高いので…。また来年、水着を着る季節に通ってみたいとおもいます。

●●思春期の激太りの名残としてできた太ももの肉割れ。少しでも薄くなればいいと思い、エステでセルローラーをお願いしてみました。セルローラーにもいろいろな種類がありますが、私が体験したのは吸引ローラー式のもの。かなりパワーがあり、機械を患部に当てると、まるで掃除機のように吸い込まれながら、ゴリゴリとセルライトを砕いていくような感じ。人によっては痛いと思う人がいるかもしれません。一回の施術でセルライトや肉割れ緩和の効果は現れませんが、数回通う内にだんだんと皮膚のぼこぼこが少なくなってきたように思います。機械はかなり強力なので、皮膚の弱い人にはお勧めできませんが、そうでなければぜひ一度試してもらいたいエステです。

●●半年ほどセルローラーの施術を受けにエステに通いました。元々、運動していて筋肉がしっかりついていたのに、ほぼデスクワークの仕事だった為、筋肉が落ちて脂肪になり、それがセルライトになってしまっていました。ですので、普通にただ太っている人などよりも痛みは強かったと思います。機械の出力が弱くてもとても痛かったので…。ですが、年齢も若かったせいか、2~3回目からみるみるセルライトに効果が出てきて、半年後には5キロほど痩せていましたし、とにかく見た目が全く変わりました。学生時代から悩みだった腰やお尻のあたりがスッキリして、昔履いていたズボンなどもスルッと履けたのはとても嬉しかったです。一緒にして頂いたオイルマッサージなどもとても気持ち良かったです。

40代男性

●●募集中!

40代女性

●●通っているスポーツジムに併設しているエステで利用しました。私が受けた施術は「エンダモロジー」というものです。「エンダモロジー」という機械を使ってセルライト部分にあて、マッサージするとセルライトが分解されるということです。私が気になっていた箇所は二の腕(いわゆる振袖部分)だったので、何度か施術を受けました。しばらくすると、友人から「なんか最近締まってきていない?」等言われるようになりました。確かに鏡に映った自分の姿を見ると、二の腕のセルライトは減ったように感じます。これはかなり効果あると思います。友人にも勧めました。あと、太もものセルライトもついていると思うので、今度は太ももにチャレンジしてみようと思っています。

●●私が痩身のエステを体験したのは申し込みが、二つの会社で、体験は複数ありました。ひとつめは、10年前にモールに入っていたエステです。施術の名称は忘れてしまいましたが、体重測定後にとにかく汗をかいて、とにかく揉まれる方法でした。そこはサウナの無い所だったのでアルミの様なシートと毛布を何重にもされ汗をかきます。その後ハンドと機械二種類ぐらいを使い揉まれるのですが、とにかく痛い!その一言です。痛さで汗がさらにでます。腕やお腹を揉み込まれる時はまだ痛いなーぐらいですが、足の内もも、柔らかい部分は痛いです。セルライト除去のマシンを使う時には、内ももと膝の裏の目視でセルライトがよく分かるところがとにかく痛いです。それが何より嫌でした。汗かき~ハンド~機械が終わると、またアルミと毛布に包まれEMSのようなものでまた汗をかきます。電気を流されるのは、機械ほどの痛みは無いです。ただ、一通り体を虐められたあとで代謝が上がっているのでとてつもなく暑いです。その後体重測定をして、終わりです。体重は1キロは毎回痩せます。二つめのエステは、皆さんが知っている有名なお店です。ブライダルエステに入っていた痩身のコースを申し込みました。こちらはサウナがあったので、体重測定~サウナ10分~ハンド~機械~サウナ~体重測定で終了でした。有名店で、前回よりも年月が経っていたのもあり、機械が色々ありました。セルライトを除去するローラーのような物は変わりませんが、ドームのような物に入り毛布などに包まれ汗をかいたり、何も感じない機械をただ全身に当てられたり、吸盤型のEMSのような電気が流れる機械をあてられたりしました。こちらのエステの方が効果のありそうな事を行いましたが、体重の変化はあまりありませんでした。

50代以上男性

●●募集中!

50代以上女性

●●募集中!

セルライト吸引ローラーを体験できるエステサロン

たかの友梨 たかの友梨では「ハイパーマジック」というメニューを提供しています。一般的な吸引ローラー機能だけではなく、マシンに温熱機能が付いていて、気になる部分をじんわりと温めながら吸引を行います。部分施術も全身施術も可能です。
ミスパリ ミスパリの痩身メニューの中でも最も人気の高い「トリプルバーンZ」というコースに含まれている「セルライトバーン」が、吸引ローラーを用いた施術となります。痩せたいパーツに集中してセルライトバーンをかけることができ、部分やせしたい方にもおすすめです。
ラ・パルレ ラ・パルレでは「セルライトバスター」という名のマシンを使って、セルライトをほぐしていきます。全身痩せや部分やせなど様々なコースが用意されていますが、全ての痩身コースにセルライトバスターを用いた施術が含まれていますので、好きなコースを選ぶことが可能です。
TBC TBCでは「強力マシンコース」と「ハンドテクニックコース」という2つのコースが用意されていて、強力マシンコースの「セルバーン」というメニューが吸引とローラーでセルライトをやっつける内容となっています。上半身もしくは下半身もしくは全身の中から選ぶことができます。
シーズ・ラボ シーズ・ラボでは、世界初導入となる「ルミセルタッチ」というマシンを使用しています。単に脂肪を吸引してセルライトをローラーにかけるというだけではなく、赤外線A波とマゼンダ光による光照射も同時に行うことで、脂肪やセルライトの分解燃焼がより効率的に行われます。
ダンディハウス メンズエステ業界で非常に高い知名度を誇るダンディハウスでは「セルライトバーン」というメニューが用意されています。上のミスパリの項目でも「セルライトバーン」が登場しましたが、実はミスパリとダンディハウスは同じ企業(シェイプアップハウス社)が運営していて、セルライトバーンは同一の施術内容となっています。
MEN'S TBC メンズTBCは先述のTBCが提供するメンズエステです。女性向けのTBCと同じく、様々な痩身コースが用意されていますが、メンズTBCでは「セルバーンM」というメニューが該当します。3種類のサイズが異なるプローブと呼ばれる美容器具を部位ごとに使い分けて施術を行います。
メンズ ラ・パルレ 上のラ・パルレの男性向けサロン(メンズエステ)です。ラ・パルレと同様、全ての痩身コースにセルライトバスターによる施術が含まれています。全てのコースに含まれているほどですから、ラ・パルレの経験上でも、セルライトバスターは非常に効果が高いと考えているのでしょう。
メンズシーズ・ラボ 先にご紹介したシーズ・ラボのメンズエステがメンズシーズ・ラボです。吸引ローラーに該当する施術メニューには「エンダモロジー」と「ルミセルタッチ」があります。前者は「メンズ全身痩せプログラム」に、後者は「RF脂肪溶解コース」に含まれています。

ページの先頭へ